テグレトールとは主にてんかん発作の治療に使われる薬です。てんかんの突然起こる発作を防ぐ効果もあります。そのテグレトールの服用の仕方にも注意点があるのはご存知ですか?当サイトではその正しい服用方法についてご紹介いたします。

てんかん発作に悩まされる男性とテグレトールの画像

てんかんによる脱糞に治療薬のテグレトールが有効

脳の病気としててんかんという症状があることが知られており、症状に関しては様々なものがあると言われています。脳の慢性疾患であるてんかんでは、繰り返し発作が起きる症状が現れるもので、脳内の神経細胞で発生する激しい電気的な興奮によって発作が起きるものと考えられています。電気的な興奮が生じる部分によって起きる症状は様々なものがあり、手足がガクガクと痙攣して曲げ伸ばしを行う間代発作や、短い時間内に意識の消失が起きる欠神発作、全身の手足がぴくっとするミオクロニー発作などを挙げることができます。てんかんの症状によっては、痙攣などの他にも脱糞や失禁、口から泡をふくなどの症状についても報告されています。
医療機関で抗てんかん薬として処方してもらえる薬として、テグレトールがあります。てんかんによる脱糞や失禁の症状があるときには、テグレトールによって治療できます。テグレトールの成分によって、脳内での電気的な興奮を抑制させることが可能となり、てんかんの種類の中でも部分発作が生じているときに有効性の高い医薬品と考えられます。
抗てんかん薬であるテグレトールはハイリスク薬品に該当するために、服用を行うときには他の薬との相互作用を把握しておく必要があります。抗うつ剤や抗精神病剤、抗ガン剤などを服用しているときには、てんかん発作が起きやすくなるので服用するときには注意しなければなりません。テグレトールを服用するにあたっては、定期的に腎機能や肝機能、血液の検査を受けることになります。注意力や集中力の低下、眠気が生じることが考えられるために自動車の運転については控えることも大切です。テグレトールには様々な注意点が存在していることから、医者の説明を聞いて十分に理解した上で服用するようにしましょう。