テグレトールとは主にてんかん発作の治療に使われる薬です。てんかんの突然起こる発作を防ぐ効果もあります。そのテグレトールの服用の仕方にも注意点があるのはご存知ですか?当サイトではその正しい服用方法についてご紹介いたします。

てんかん発作に悩まされる男性とテグレトールの画像

テグレトールは飲酒や抗がん剤と同時に服用出来ない

てんかんとは、繰り返し発作の症状が起きる脳の病気のことを言います。
年齢や性別、人種などに関係なく発症する可能性のある病気で、脳の神経細胞のニューロンに突然に電気的な興奮が生じることで、てんかん発作が発生します。
てんかんの症状が現れている場合であっても、医療機関において薬物治療を受けることで約8割の患者が治すことができると言われています。
抗てんかん薬に関しては全般発作と部分発作の場合とで、使用される医薬品が異なってきます。
症状を分類すると単純発作や複雑部分発作、強直発作、ミオクロニー発作、欠神発作などがあります。
単純発作や複雑部分発作、強直間代発作などが現れているときには、テグレトールが処方されます。
テグレトールは日本国内で処方されている、抗てんかん薬や三叉神経痛治療薬となります。
テグレトールを服用することで、興奮状態が起こる原因となるグルタミン神経受容体であるNa+チャネルを遮断することができます。
抗てんかん薬についてはリスクの高い医薬品であるということが可能で、服用方法に十分に注意する必要があります。
他の医薬品と同時に服用したときに相互作用が生じることが考えられますので、アルコールや抗うつ剤、抗がん剤などと同時に服用することで、てんかん発作が生じやすくなります。
このために抗がん剤の服用や飲酒したときに、テグレトールを服用することはできないことを、十分に把握しておくことが重要です。
どのような医薬品を服用したときに、抗てんかん薬のテグレトールの処方が受けられないかについては、専門医と相談して説明を聞いておく必要があります。
テグレトールなどの抗てんかん薬を服用するときには、治療薬物モニタリングという経過観察を行うことが必須条件となります。
薬を服用しながら、どのような作用が生じているか確認してから、患者に応じて用法や用量を変えていく治療法が行われます。